福岡の展示装飾・ディスプレイ会社

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ディスプレイデザインによる
コミュケーションの促進。

 

◆戦略的なコミュニケーションを可能にする多様性

DDcats (Displaly Design communication advace tactics) は戦略的なディスプレイデザインで企業や行政等のブランド力アップや訴求、コミュニケーションの促進を目指しています。

「眼目ノ教」

「眼目ノ教」。明治8年、ウィーン万博から戻った佐野常民が使った言葉である。それはどんな訳語よりもディスプレイデザインの役割を的確に示す。しかし、見せるだけで効果的に情報を伝えるにはアイデアが必要だ。それは「戦略」という言葉に換言できるだろう。
 これだけ多くの情報に囲まれていると、単に見せるだけでは目にも止まらないし、印象にも残らない恐れがある。戦略的なディスプレイデザインであれば、見る人の視覚を刺激し、「眼目ノ教」を発揮できるに違いない。ディスプレイデザインにはビジュルコミュニケーションを超える伝達力があると信じている。

展示会のデザイン・設営

イベントやプロモーションの会場づくり

空間装飾や店舗等での什器製作

屋外サインやデジタルサイン

展示やイベント装飾の企画 

デザイン・設計図・イメージパース作成

<最新記事>
「ディスプレイデザインの移り変わる価値」2020.6.2こちらから
  「展示ブースの色」2020.6.14こちらから
「包むディスプレイ〜クリストを偲ぶ〜」2020.6.15こちらから
  ESWのサイトが更新されました 2020.10.26 こちらから

関連記事<Reated Article>

<ディスプレイデザインとは何か>


ディスプレイデザインとは空間において立体的に表現された媒体を通して、視覚的なコミュニケーションを図るマーケティング手法である。 グラフィックデザインや映像と同じにように視覚に訴えて情報を伝える手法の一つだが、・・・・・

 

<ディスプレイデザインの優位性>


人はたくさんの文字情報を瞬間的に処理するのがあまり得意ではない。George A. Millerによる「Miller's Law」(もしくは「Miller's 7 bit-Rule」)によると、いくつもの言葉や数字を短時間で処理できる容量は9から5の塊(7±2)であるとされる。例えば、・・・・・

<展示会とは何か>


我が国の「見本市」は欧米では「トレードショー」「トレードフェア」などとよばれる。トレードフェアとはtrade=交換のfair=市であり、ブリタニカ国際大百科辞典の説明にも、"多数の商品見本を陳列して,・・・・

 

<展示会の源流>


 経済産業省による展示会の定義は次のようになっている。「商品・サービス・情報などを展示、宣伝するためのイベント(ただし、フリー マーケットや路上販売は含まない)」。これは、国際標準化機構(ISO)に・・・・

<博覧会の始まり>


博覧会」という用語は栗本鋤雲(外国奉行)が考案したとも、福沢諭吉の『西洋事情』によるものともされる。
この当時使われていた展示会の種類には、物産会・共進会・博覧会・展覧会があり、・・・・

 

<産業の発達と展示会>


産業や経済の発達は展示会と大きく関わる。国内における展示会開催を促した。この産業展は新しい建築やディスプレイ技術の向上に大きく寄与したと考えられる。

MORE INFORMATION